たとえ拙かろうと頭の中に広がる妄想世界を表現するって楽しい

by ,

最近ハマっていることは小説やエッセイなど、ちょっとした文章を書くことです。
主にパソコンのワープロソフトを駆使して、いろいろなジャンルの文章を節操なく書き綴っています。
元々飽きっぽい性格の持ち主でじっくりと物事に取り組むのが苦手な質なので、本格的な長編小説を書くわけではないのですが、思いついた短編をガリガリと書いていると時間の経つのを忘れるくらい没頭してしまいます。
いくつかの話を並行して書いているのでたまにこんがらがってしまうこともあったりしますが、その時の気分に合った自分だけの物語の世界を旅したり創造したり出来るのでなかなかに楽しいです。
普段の生活が単調であまり外出する機会がなかったり、同じことの繰り返しになったりしがちなので、せめて頭の中で活き活きとした暮らしをしてみたいと思い、そう言った願望を文字に起こすことで昇華しているといった感じです。
自己の内面を表現出来るためか、ストレス発散になっている気がします。